オーストラリアのスーパーマーケットの店内の様子

オーストラリア

オーストラリアのスーパーについて

オーストラリアのスーパーマーケットの店内の様子

オーストラリアのスーパーは、とてつもなく大きいんです!!!旅行の時にふらっと寄ってみても楽しめることでしょう。面白いものが見つかること間違いなし。

スーパーの魅力

オーストラリアについてまず、行かなければいけないところ、、、それはスーパー!

お腹が空くけど、まだ美味しいお店やレストランは分からないし、何なら英語もできません。となれば行き着く先はやはりスーパー!

オーストラリアにもスーパーがあるの?と不安に思うかもしれませんが、オーストラリアにはとてつもなく大きなスーパーがあります。

3大勢力

オーストラリアのスーパーは主に3つ。

・woolworths

・coles

・IGA

です。さらにその中でも人気なのがwoolworthsとcoles、読み方はウールワースとコールス。この2つはとてつもなく巨大な勢力を持っていて、たいていどの都市にも店舗があり店内も非常に広く品揃えが豊富。日本にはない、ザ・海外のスーパーです。

入り方

入り口専用と出口専用のドアがあるので間違えないように気をつけましょう。

スーパーの中の様子

スーパーに入るとすぐにあるのが野菜、フルーツのコーナー。山積みのフルーツやビニールに入れずに陳列された野菜たちが海外感を物語っています。

パンも、これ何枚切り?というほど大量に入っています。パンだけでも1ヶ月くらいもつので、お財布に優しいですよね。

肉や卵は基本ファミリーパック。ファミリーパックがなぜか一番お買い得になっています。小さいものほど単価が高く損をしますので、ファミリーパックを買ってシェアハウスの友達とシェアしましょう。

もちろん、カンガルーの肉もあります。オーストラリアでは普通に食べるそうです。肉質は硬いそうなので、歯の丈夫な人にオススメします。

お菓子やジュースのコーナーも種類が豊富です。そしてまた、基本でかい。飲み物は、基本2リットル。お菓子屋もスニッカーズ並の甘いチョコレートが豊富です。

洗剤やトイレットペーパーなどの日用品も、ここで全て揃います。

商品の買い方

買い物をするとき、選択肢は2つ。有人レジか、セルフレジか選ぶことができます。セルフレジの場合、カード払いか現金払いかによって、使用できる機械が変わります。レジのところに表示がありますので、確認しましょう。

セルフレジの操作は、画面に出てくる文字に従って行うだけなのでとっても簡単です。分からなければ係員がすぐそばに立っているので、声をかけましょう。

お土産にオススメ

オーストラリアのお土産として、スーパーでも簡単に手に入るオススメグッズを紹介していきます!

PAWPAWクリーム

ポーポーと読みます。オーストラリア版オロナインと呼ばれ、何にでも効くと言われている万能軟膏です。自然派由来なので、ケミカルに抵抗がある人でも安心。値段は5〜6ドル程度。

珍肉ジャーキー

エミュー、カンガルー、クロコダイルの肉をジャーキーにしてみました。ウケ狙いのお土産に人気で、パッケージも可愛らしくなっています。味に保証はありません。

スキンケアグッズ

オーストラリアはナチュラル系コスメで有名です。特にSkinというブランドは品質も良く、人気が高いのにスーパーや薬局などでも手に入ります。女性へのお土産にオススメ。

ANZACクッキー

anzacはオーストラリアで良く見聞きする単語でしょう。オーストラリアとニュージーランドの連合軍のこと。ANZACDayという祝日もあります。ANZACクッキーと呼ばれるこのクッキーは、カリッとした中にも柔らかな歯ごたえがたり、オーストラリア人からも観光客からも人気の一品。

TimTam

オーストラリアのお土産といえば、これですよね。ビスケットをチョコレートでコーティングしたお菓子です。限定フレーバーなどもあります。DARKは甘さ控えめ、Originalでも海外のくどい甘さはなく食べやすい味になっています。スーパーで、時々半額セールをしていますので、のぞいてみて下さい。

要チェックは水曜日

毎週水曜日に、セール品や目玉商品が変わります。広告やネットのチラシでチェックしてみて下さい。とくにトイレットペーパーなどの日用品は普通に買うと高いので、セールのときが狙い目。

まとめ

はじめてオーストラリアに着いた時は、スーパーに行くのもドキドキするかも知れませんが、使い方は簡単なので安心です。

品揃えが豊富なのでスーパーでの買い物でさえも、楽しい時間になることでしょう。

スポンサーリンク

-オーストラリア

© 2020 イージートラベラー Powered by AFFINGER5