カナダのブルーマウンテン

カナダ

トロントからすぐ!冬の観光地ブルーマウンテンで遊ぼう!

カナダのブルーマウンテン

カナダは冬が長く雪が降る寒い国!というイメージがありますよね。カナダに住んでいると、寒すぎてどうしても家に篭りがちですが、楽しい遊びもあるんですよ^ ^

カナダの冬の遊びといえば…?

私が住んでいたトロントは、冬になると体感温度マイナス20度まで下がる、極寒の地です。寒すぎて雪が降らないこともあれば、豪雪の年もあります。

そんなカナダ・トロントでも、思い切り楽しめる遊びは…!

スキー・スノーボードです^ ^

オススメはブルーマウンテン!

ブルーマウンテンのリフト

トロントからすぐのところに、スノーボードやスキーが楽しめる、ブルーマウンテンという山があります⭐︎

ブルーマウンテンはオンタリオ州の中にあり、トロントの中心部から車で2時間30分くらいで到着します!

トロント発着のツアーあり

カナダは冬の時期になると、雪の影響で高速道路が凍結し、スリップ事故などが多発します。そのため、自力で行くのはオススメできません!

トロントの中心部から、ツアーバスで送迎してくれる企画がいくつか出ています。2時間程バスに乗っているだけで着くので、とっても気楽です☺︎

私が参加したのは「tnt tours」という会社が企画・運営しているもの。トロントのBloor-yonge駅のすぐ近くに、tnttoursの支店があります。直接申し込みに行くのも可能!

心配な場合は、日本人向けエージェントにチラシが入っていることもあるので、エージェント経由で申し込むことも可能です。

ツアー内容・流れ

スキーツアーの申し込み用紙

申し込みが完了すると、予約表の紙のようなものが渡されます。

  • 指定時間に指定場所に集合
  • ツアー会社が用意したバスに乗り出発
  • ブルーマウンテン到着後簡単に説明して解散
  • 夕方の集合時間になるとバス出発

簡単に説明すると、このような流れです!日本のツアーとほぼ同じですよね(^^)

出発に向けての注意事項

スクールバス

衝撃だったのがツアーバスがまさかのスクールバスだったこと!!!笑

まさか、これじゃないよね…?!と思って大きな観光バスを探しまわってたら、危うく乗り遅れるところでした。皆さんも集合場所にスクールバスが止まっていたら念のため中まで確認してください。笑

そしてこのバス、想定の範囲内ですが、結果揺れたり飛んだりすることになります。きゃーと言うと怒られるので、耐えて下さい。笑

その他の注意事項としては、ツアーは全て英語で進行されます。参加者も4分の3くらいカナダに留学している多国籍の学生(南米率高い)4分の1は日本人ワーホリ勢って感じでした!語学学校の友達同士で参加してる人も多そうでした。

到着後はこんな感じ

スキー場の受付

各自自由に受付、準備を済ませます。自分のものが全て揃っていなくても、ボードやウエアなど個人の状況に合わせて貸し出ししてくれます。またボードは身長に合わせて貸し出ししてくれるので、私のようなおチビさんでも安心ですよ☺︎

スノーボードの板

準備が終わったらいざ!出陣^ ^

自分のレベルに合わせた山で、思い思いに滑って下さい⭐︎コースは非常に多く、なんと61個もあるんだとか…!!!

ちなみに、雪質は悪くありません。少し固めなので転倒などした際に怪我しないよう気を付けてくださいね!!

ブルーマウンテン・リゾートには、スキーやスノーボードの他にも遊べるものがあり、スノーシュー・スノーチューブ・コースターなども用意されています。さらに、温泉のような気分が味わえるスパもあります☆

また、少し疲れた時に休めるカフェなどもあります。ハンバーガーやコーヒーなどもあるので、運動をしてお腹が空いたときに軽食をとることができますよ。

帰宅まではあっという間

集合時間が近づいたら、受付をしたところに、借りたものを返却して終了です!帰りもバスに揺られて2~3時間ほどすれば、朝集合したところに降ろしてもらえます。

みんな疲れているので、寝てしまう人がほとんど。帰りにはスクールバスにも慣れてくるので、落ち着いて乗車できます。笑

まとめ

トロントからすぐ行けるブルーマウンテン。日本でスキーやスノーボードをするとなると、混んでいて人とぶつかりそうになって怖い思いをしたり、リフトやレストランで長いこと並んだりと不便を感じることもありますよね。

でも、カナダのスキー場は全く混雑していないので、安心して滑ることができます。初級用~上級用まで様々なコースを滑って楽しめるのもカナダならでは。

トロントの冬は寒く厳しいですが、楽しさもあるんですよ♪ぜひ訪れてみてくださいね☆

スポンサーリンク

-カナダ

© 2020 イージートラベラー Powered by AFFINGER5